International order Coordinator:Sibatech,Inc.
励磁型スピーカー システム
励磁型 特徴
Model RSS-3000
(RF3001 ,RF1304 & RF0504)
RSS-173
(RF1703 & RF0503)
RSS-133
(RF1303)
Type Field Coil type 3 way Speaker System Field Coil type 2 way Speaker System Field Coil type full range Speaker System
Long term max. power 300W 150W 100W
Rated noise power 100W 50W 25W
Frequency Response 20Hz ~ 40,000Hz 48Hz ~ 40,000Hz 60Hz ~ 18,000Hz
Sensitivity 93dB 91dB 90.5dB
Impedance 8 ohm 8 ohm 8 ohm
Crossover Frequency 700Hz 、9kHz 3,300Hz -
Dimensions (mm) 416W x 900H x 450D 257W x 420H x 330D 243W x 390H x 320D
Weight 93kg 23kg 16.5kg
Exciter Voltage 12V DC 12V DC 12V DC
Max. current 4.1A 2.7A 1.9A
励磁型 特徴
RSS-3000(RF3001&RF1304&RF0504)

励磁型 仕様詳細

A)BOX内部反射波
BOXの内部反射音を調整する為にBOX内面に特殊コーティング処理を行いBOX振動の不要な歪を消し忠実な再生を
行う事ができます。

B)ユニット本体の共振
BOXへのスピーカ取り付けに於いて重量のある励磁スピーカからの不要振動を抑える為に磁気回路の固定を行い
固有振動を押さえ込み優れたレスポンスを十二分に発揮させます。

C)バッフルと裏板共振
バッフルの振動とスピーカの背圧による側板の振動を押さえる為にサイドバーを設けて 固有振動音を完璧に押さえ込む、
またウーハーの振動がBOXへの影響を最小限にする為BOXバッフル背面に鋼板を設けて振動による歪を低減し優れた
レスポンスを十二分に発揮させます。

D)BOX底面共振
BOX内部の底面に鋼板を設けてBOXからスピーカスタンドに伝わる振動を抑えスピーカシステムの音を忠実に発揮させます。

E)ダクト共振
ダクトに制振材(特殊制振樹脂)を設けて、スピーカの背圧による ダクトの振動を抑えスピーカシステムの 音を忠実に発揮させます。

F)フロントバッフル板
42mm厚のバッフルを使用、ウーハーの大振幅でも影響が出ない様にし忠実な再生を行うことが出来る。

RSS-173 (RF1703 & RF0503)

励磁型 仕様詳細
励磁型 仕様詳細
励磁型 特徴

A.BOX内部反射波
BOXの内部反射音を調整する為にBOX内面に特殊コーティング処理を行いBOX振動の不要な歪を消し忠実な再生を行う事ができます。

B)ユニット本体の共振
BOXへのスピーカ取り付けに於いて重量のある励磁スピーカからの不要振動を抑える為に磁気回路の固定を行い固有振動を押さえ込み優れたレスポンスを十二分に発揮させます。

C.バッフルと裏板共振
バッフルの振動とスピーカの背圧による裏板の振動を押さえる為にスタビライザーを設けて固有振動音を完璧に押さえ込み優れたレスポンスを十二分に発揮させます。

D.BOX底面共振
BOX内部の底面に鋼板を設けてBOXからスピーカスタンドに伝わる振動を抑えスピーカシステムの音を忠実に発揮させます。

E)ダクト/端子板共振
ダクト/端子板に制振材(特殊制振樹脂)を設けて、スピーカの背圧によるダクト/端子板の振動を抑えスピーカシステムの音を忠実に発揮させます。

F)ユニット開口部裏側のテーパー加工
バッフルのユニット開口部裏側にテーパー加工を設けスピーカ背圧を抜け易くしてあります。

RSS-133 (RF1303)

励磁型 仕様詳細
励磁型 仕様詳細
励磁型 特徴

A.BOX内部反射波
Xの内部反射音を調整する為にBOX内面に特殊コーティング処理を行いBOX振動の不要な歪を消し忠実な再生を行う事ができます。

B.ユニット本体の共振
BOXへのスピーカ取り付けに於いて重量のある励磁スピーカからの不要振動を抑える為に磁気回路の固定を行い固有振動を押さえ込み優れたレスポンスを十二分に発揮させます。

C.バッフルと裏板共振
バッフルの振動とスピーカの背圧による裏板の振動を押さえる為にスタビライザーを設けて 固有振動音を完璧に押さえ込み優れたレスポンスを十二分に発揮させます。

D.BOX底面共振
BOX内部の底面に鋼板を設けてBOXからスピーカスタンドに伝わる振動を抑えスピーカシステムの音を忠実に発揮させます。

E.ダクト/端子板共振
ダクト/端子板に制振材(特殊制振樹脂)を設けて、スピーカの背圧によるダクト/端子板の振動を抑えスピーカシステムの音を忠実に発揮させます。 

F.ユニット開口部裏側のテーパー加工
バッフルのユニット開口部裏側にテーパー加工を設けスピーカ背圧を抜け易くしてあります。

株式会社ローヤル株式会社ローヤル産業

スピーカーに関するあらゆるご要望にお応えします
電話番号
fax番号

本社工場:
〒336-0932 埼玉県さいたま市緑区中尾945-2
TEL:048-810-1313 FAX:048-874-3679

甲府開発センター:
〒400-0112 山梨県甲斐市名取298-4
TEL:055-236-9393 FAX:055-236-9390

事業内容

スピーカーユニットの開発・設計・製造
<スピーカー関連部品>
アルミ・チタンキャップ製造、アルミ・チタン振動板製造、
ボイスコイル組立
<ユニット>
車載用スピーカー、オーディオ用スピーカー、
TV用スピーカー

TOP |  コンセプト |  設備紹介 |  励磁型スピーカー紹介 |  カースピーカー紹介 |  部品群紹介 |  会社概要 |  お問い合わせ | サイトポリシー

Copyright (C) ROYAL SANGYO CO.,LTD. All Right Reserved.